2018年12月18日

Cassia Networks

スマホレスIoTソリューション

長距離BLE(Bluetooth Low Energy)ルータソリューション

様々なモノをインターネットにつないで新しい価値を提供していくIoTの世界においてBLE通信はすでに確立された規格として世の中の多くのデバイスに搭載されています。ほとんどのBLEデバイスはスマートフォンとのみ接続を行う仕様となっており、特にビジネス環境においてBLEデバイスはスマートフォン、またはスマートフォンアプリとセットでの提供となっています。長距離接続可能なCassiaNetworks社のRouterは、スマートフォンとのみ接続可能だった様々なBLEデバイスをスマホレスかつ、長距離で接続することが出来ます。それによりインターネット環境において直接的にBLEデバイスからデータを収集することが出来ます。

■Cassia Networksの3つの特徴

  1. 最大300m接続可能な受信強度とノイズキャンセル技術(特許技術)
  2. 最大40台のBLEデバイスとの直接接続
  3. 複数のRouterのクラウドでの一元管理(Cassia Access Controller)

■提供できる価値

  1. スマートフォンの購入の必要が無く、モバイルアプリケーション開発コスト削減
  2. 市販のIoTデバイスと接続するだけでデータ収集が可能となる
  3. 広範囲で複数の種類のデバイスから同時にデータ収集が可能となる

■ネットワーク構成

様々な環境においてスマートフォンを持たず、直接BLEデータをインターネットに配信することが可能となります

■ハードウェア

■Cassia Access Controller

複数のRouterの死活監視・ファームウェア世代管理・リモートログイン・リアルタイムでのデバイス接続状況の確認などを行うことが出来ます

■接続検証済みデバイス

  • Agxスマートヘルメット (温度・湿度・加速度)
  • TI/CC2650STK   (マルチセンサ)
  • Iwown/i6HR (心拍/消費カロリー/歩数等)
  • 国内B社デバイス (温度・湿度)/(ボタンビーコン)
  • 国内A社デバイス (血圧・体温)※医療機器
  • 国内O社デバイス (温度・湿度・照度・UV・気圧・騒音)
  • 国内H社デバイス (心拍・歩数)

順次公開予定

■ユースケース(海外事例含む)

教育施設での登下校の見守り

ビーコンタグでのアセット位置検出

フィットネスでのバイタル情報の共有

ロボットの状態監視

高齢者見守り